IIJmioの解約方法をご紹介!損をしないためのポイントもチェック

2008年からサービスを提供している老舗MVNO「iijmio(アイアイジェイミオ)」

東証一部上場の株式会社インターネットイニシアティブが提供しているブランドということで、サービスブランドの信頼性はピカイチですよね。

そんなiijmioですが、そろそろ解約したいという方も一定数はいるはず。

今回はそんな方のため、iijmioの解約方法をおまとめしました。

 

iijmioの解約方法はとっても簡単!

iijmioの解約は、iijmioの会員専用ページから簡単に行うことができます。

iijmioの解約手順

①iijmioの会員専用ページにログイン
※mioIDまたは登録メールアドレス、パスワードが必要です。
②「マイページ」→「お客様情報」→「サービスのご解約」へ遷移
③「次へ」をクリックし、解約内容・諸注意事項・解約日を確認
④解約に関する簡単なアンケートに答えたうえで、サービスを解約
⑤解約完了お知らせメールをチェック

会員専用ページにさえログインしてしまえば、あとは簡単に解約できてしまうiijmio。

ユーザーを取り逃がさないため、電話で限られた時間にしか解約を受け付けていないMVNOもある中、オンライン上で好きな時に解約ができるiijmioは親切なサービスと言えるでしょう。

 

iijmio解約時の注意ポイント!損をしないためにまず確認を

①音声通話機能付きSIMカードを利用中の方は要注意!

音声通話機能付きSIMカードを利用中で、かつ利用開始から12ヶ月以内に音声通話機能を解除した場合「音声通話機能解除調停金」が発生します。

聞き慣れない名称ですが、いわゆる違約金のようなものですね。

「音声通話機能解除調停金」は、以下の数式で算出できます。

(12ヶ月ー利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円(税抜き)

つまり、最大で12,000円の「音声通話機能解約調停金」がかかるということ。

とはいえ、サービス利用開始月に解約しない限りは12,000円という高額な「音声通話機能解約調停金」が発生することもないので、1年以上サービスを利用している人は安心してくださいね。

なお、データ通信専用SIM・SMS機能付きSIMカードでは違約金等は発生しません。

 

②解約は解約月の末日に受理される

月途中で解約手続きを行った場合でも、解約日はその月の末日となり、解約の予約が入った状態がキープされることになります。

そのため、利用料金は満額請求となり、日割り計算などはされませんのでご注意ください。

ただし、SIMカード自体も解約日まで使うことができるので、その点はご安心を。

月途中で解約すると、SIMカードのみその時点で使えなくなり、料金は満額請求…というケースを考えると、良心的なプランと言えるでしょう。

 

③他社への乗り換えの際は要注意!解約前に手続きが必要です

他社サービスへの乗り換え(MNP転出)を考えている方は、解約ではなく「MNP転出」の手続きが必要になります。

この手続きをしないまま解約をしてしまうと、これまで遣っていた電話番号は破棄されてしまいます。

引き続き同じ番号を利用したい場合は、忘れずに「MNP転出」の手続きを行ってくださいね。

 

いかがでしたか?

今回はiijmioの解約手続きの方法についておまとめしました。

オンライン上で簡単に手続きを済ませられるのは便利ですが、「MNP転出」の場合は別途手続きが必要なのでご注意ください。

この記事を参考にして注意事項をしっかりと押さえ、損のない解約手続きを踏んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です