格安スマホの通信速度ってどうなの?実際に使ってみた

一昔前まで、人生で一番高額な買い物は住宅、二番目は保険と言われていました。
しかし、今やその二番目の座に「スマートフォン(+通信費)」が居座っていると言われているのをご存知でしょうか。

確かに、機種の本体代も加算されてしまうと、毎月の料金が10,000円を超えることだってザラですよね。

そんななか、テレビCMでは盛んに「格安スマホ」が訴求されています。
安いものだと月額料金1,480円からとなっており、毎月の通信費に苦しんでいる人にはとても魅力的に思えるのではないでしょうか。

しかし、ここで気になるのがサービス内容
スマホがないと生活ができないと言っても過言ではない現代において、通信速度の遅延は多大なストレスに繋がります。

月末になって通信制限に引っかかってしまい、イライラしながらスマホ画面をタップした人も少なくないのではないでしょうか。
万が一、格安スマホに乗り換えたことで毎日がそんな状態になってしまったらと思うと恐ろしいですよね。

今回はそんな格安スマホの気になる通信速度について、実際に試してみての使い心地をまとめてみました。
あくまで一個人の感想ではありますが、ぜひ今後の参考にしてくださいね。

 

格安スマホの通信サービスはなぜ安いの?

別記事で格安スマホキャリアと大手キャリアの料金感について比較しましたが、似たような条件であっても、格安スマホキャリアの方が大手キャリアより料金が割安であることが分かりました。

格安スマホの料金は?気になる相場をチェック!

2017.12.25

その理由は大きく2つ。

①実店舗を持たずにネット中心で販売・サポートしているため、諸費用を削減できる
②基地局を持たないため(大手キャリアに借りている)維持費や建設費がかからない

これらの理由は「安さ」という格安スマホキャリア最大のメリットに繋がるのですが、裏を返せばデメリットにも繋がります。

たとえば①のケース。

大手キャリアであれば、何かあった場合は全国各地の直営店舗に出かければ済みますが、格安スマホキャリアの場合はそうもいきません。

一部地域に限って店舗があるキャリアもありますが、大抵の場合、ネットで情報を集めるか、電話サポートを受けながら対処するしかありません。

また、気になるのが②のケースですよね。

基地局を大手キャリアに借りているってどういうこと?
そのせいで通信速度が落ちてしまうことはないの?

そんな疑問にお応えすべく、実際に格安スマホキャリアの回線を利用してみました。

格安スマホの気になる通信速度を実際に試してみた結果

今回実際に試してみたのは、UQ mobileの回線です。
深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんが3姉妹を演じているCMの会社、と言えば分かりやすいでしょうか。

UQ mobileの通信速度が速いという噂はネット上でも話題になっており、株式会社イードによる『格安SIMアワード2017上半期 通信速度部門』で最優秀、辛口批評で知られる人気雑誌『家電批評』格安SIM部門で「ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016」を獲得するほど。

関連記事:UQモバイルの通信速度は遅い!?リアルなスピード教えます

その前評判に惹かれ、実際にUQ mobileに切り替えてみて早一ヶ月。

結論から申し上げますと、切り替え前となんら変わらず使えています

時々、本当に切り替えたことを忘れてしまうほどです・・・

UQ mobileは専用のポータブルアプリを持っており、このアプリで通信スピードを「節約」と「高速」に簡単に切り替えることができます。

普段はデータ通信量を抑えるため「節約」にしていますが、LINEの受送信やInstagramの閲覧などもストレスなく行えています。
YouTubeで動画を閲覧したり、アプリをダウンロード・更新する時はさすがに少し時間がかかってしまうため「高速」モードに切り替えるといいでしょう。

このように、基本的な通信速度の速さはもちろん、用途に応じて簡単に「節約/高速」モードを切り替えられるというのも大きなポイントです。

今回の記事のまとめ

格安スマホを検討する際、やっぱり気になる通信速度について、実際に使ってみての感想をまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

実際に試してみたいという場合、大型家電量販店などにある格安スマホの販売窓口に行ってみるのもいいでしょう。

テスト機種などで通信速度を体験させてくれると思いますよ。

スマホは毎日使うものなので、しっかり納得したうえで乗り換えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です