結局格安スマホってどこがいいの?気になる月額料金を徹底比較

CMでよく聞く格安スマホですが、結局どこのキャリアがいいの?
あまりに選択肢が多すぎて分からなくなりますよね。
ひとつずつ説明を聞くには手間も時間もかかりすぎるし・・・

迷える子羊状態なあなたのために、人気キャリアの月額料金・通信速度を徹底比較してみました。

格安スマホを検討する際の参考にしてみてくださいね。

人気格安スマホキャリアの月額料金プラン

本記事に記載の月額料金プランは取材当時のものです。
実際の金額とは異なる場合がございますのでご注意ください。

格安スマホキャリアが提供している通信サービスは、3GBプランが基本的。
なので今回は各キャリアが提供している3GB+音声通話プランの料金を比較してみました。

第1位:1,400円

ロケットモバイル

第2位:1,600円

楽天モバイル
nuroモバイル
IIJmio

第3位:1,680円

UQ mobile

※家族割や長期割などの各種プラン適用により、それぞれ上記価格から変動する可能性があります。

3GB+音声通話プランにおける低価格第1位は、業界最安値を標榜しているロケットモバイルでした。
NTTドコモの回線を使用しているので、全国どこでも比較的安定して利用できるというのも嬉しいポイントですよね。

2位には楽天モバイルやnuroモバイルなどがランクイン。
楽天といえば、2017年冬に携帯業界への新規参入して話題になりましたよね。
そうなると、今後楽天の格安スマホ事業はどうなっていくのでしょうか?
携帯業界と足並みを揃え、さらにパワーアップしていくのでしょうか?

nuroモバイルはソニーネットワークコミュニケーションが提供しているサービスです。
ひと月のデータ通信量が500MB未満の場合は月額料金が無料になる「0SIM」でも知られていますね。

 

3位には、現在かなり積極的にテレビCMを放送しているUQ mobileがランクインしました。
テレビCMの影響で「格安スマホ」と聞くとまずこのキャリアを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

UQ mobileはau系列が運営している企業ですので、現在auのサービスを利用しているユーザーであれば、比較的乗り換えが簡単という点でも有利です。

関連記事:格安スマホの料金は?気になる相場をチェック!

人気格安スマホキャリアの通信速度

続いて、先程ランクインした6キャリアの通信速度を比較してみました。

通信速度には「上り」と「下り」があり、「上り」はメールやSNSでのメッセージ送信速度、「下り」はインターネットの閲覧やダウンロード速度を指します。
今回は比較的よく使う「下り」の通信速度で比べてみました。

朝(9:00~9:30頃)

1位:IIJmio    ・・・13.68
2位:UQ mobile  ・・・10.70
3位:楽天モバイル ・・・3.56

昼(12:00~12:30頃)

1位:UQ mobile  ・・・23.97
2位:楽天モバイル ・・・8.37
3位:nuroモバイル ・・・0.76

夕方(17:30~18:00)

1位:UQ mobile  ・・・16.03
2位:IIJmio    ・・・13.49
3位:楽天モバイル ・・・3.49

参考:ロケットモバイルの通信速度

朝 ・・・2.00
昼 ・・・0.67
夜 ・・・1.30

(単位:Mbps)

 

ご覧いただければ分かる通り、UQ mobileが各時間帯で圧勝していますね。
とりわけ昼の時間帯における独走ぶりには目を見張るものがあります。

UQモバイルの通信速度は遅い!?リアルなスピード教えます

2017.12.13

貴重な昼休みにスマホでSNSをチェック・・・なんて人は多いと思いますが、そんな時に通信速度が遅いとイライラしてしまいますよね。

UQ mobileであれば、大手キャリアにも引けを取らない通信速度が期待できますので、そうしたプチトラブルを回避することが可能です。

 

以上、人気格安スマホキャリアの月額料金・通信速度を比較してみました。

ついつい「月額料金」にばかり目がいってしまいがちですが、スマホを頻繁に使うという人は「通信速度」も忘れてはいけないポイント。

両方の要素をしっかり見比べたうえで格安スマホを選んでくださいね。

関連記事:格安スマホの通信速度ってどうなの?実際に使ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です