格安スマホの本体価格を比較!人気の機種は?

そろそろ格安スマホに乗り換えたいけど、たくさんのキャリアがたくさんの機種を発売しているので、どれを選べばいいのか迷ってしまう・・・
そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

今回はそんなお悩みに答えるべく、格安スマホ本体の選び方のコツから人気機種の比較まで、徹底的に調べ上げました。

格安スマホに乗り換えようか迷っている人は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

格安スマホの本体、どうやって選ぶ?

格安スマホを選ぶ時のポイントは大きく3つ。
「価格」、「性能・機能」、「デザイン」です。

価格
格安スマホの本体価格は1~5万円程度であることがほとんどです。
スペックは気にせず、とにかく低価格でスマホを購入したいのであれば1万円前後のローエンドモデルやエントリーモデルを。
性能・機能と価格のバランスを重視したい場合は3万円前後のミッドレンジモデルを。
格安スマホでもスペックにはこだわりたい人は5万円以上のハイエンドモデルを選ぶといいでしょう。
性能・機能
性能・機能の中でも特に重要視したいのがCPU(スマホの頭脳)、カメラの画質、そして電池の持ちではないでしょうか。
CPUはスマホ全体の処理速度にも影響する非常に重要なポイントですので、まず第一にチェックするといいでしょう。

これらの他にも、格安スマホ本体が高速通信に対応しているかどうかも忘れず確認しておきましょう。
高速通信ができるSIMを契約したとしても、格安スマホ本体がそれに対応していなければ意味がありません。
ミドルレンジモデル以上であればおおむね安心ですが、ローエンドモデル・エントリーモデルの場合は非対応機種もあるので注意が必要です。

デザイン
最後のポイントはデザイン。
大きさや重さ、色味など、そのデザインは格安スマホキャリアによってさまざま。
スマホ本体の持ちやすさは地味に大切なポイントですので、格安スマホ本体を検討する時はできれば一度は店頭に赴き、実際に手で持ってみてからにするのをおすすめします。

 

格安スマホの人気機種を比較!本体価格編

今回は格安スマホの中でも人気の4機種を選び、徹底比較してみました。
まずは本体価格を比較してみましょう。

Zenfone4       ・・・61,344円
HUAWEI P10      ・・・71,064円
AQUOS sense Sh-M04 ・・・35,424円
EveryPhone ME     ・・・14,904円

ハイエンドモデル・ミドルレンジモデル・ローエンドモデルそれぞれをピックアップしてみました。
もちろん価格だけで比べるとローエンドモデルが有利ですが、注目すべきポイントはそれだけではありませんよね。

続いて性能・機能面を比較してみましょう。

 

格安スマホの人気機種を比較!性能・機能編

まずはハイエンドモデルの性能・機能を見ていきましょう。

Zenfone4
メーカー:ASUS(エイスース)
CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 660 (オクタコアCPU)
OS:Android™7.1.1
RAM:6GB/ROM:64GB
カメラ画質:背面1200万画素/内面800万画素
バッテリー:3,300mAh
HUAWEI P10
メーカー:HUAWEI(ファーウェイ)
CPU:HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
OS:Android 7.0 Nougat/EMUI 5.1
RAM:4GB/ROM:32or64or128GB
カメラ画質:背面1200万画素/内面800万画素
バッテリー:3,200mAh

AQUOS sense Sh-M04
メーカー:シャープ
CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 430(MSM8937)
オクタコア 1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
OS:Android™ 6.0
RAM:2GB/ROM:16GB
カメラ画質:背面1,310万画素/内面500万画素
バッテリー:2,700mAh
EveryPhone ME
メーカー:ヤマダ電機
CPU:MTK6737 4コア/最大1.3GHz
OS:Android 7.0
RAM:2GB/ROM:16GB
カメラ画質:背面800万画素/内面200万画素
バッテリー:2,200mAh

当然といえば当然ですが、本体価格の高いハイエンドモデルの方がより高いスペックを備えています。
ただしAQUOSのように、ミドルレンジモデルであってもハイエンドモデルを上回るカメラ画質を備えているなど、メーカーの得意分野によっては高位モデルを凌駕するケースもあります。

格安スマホを選ぶにあたり、ご自身が何を大事にしたいかを改めて考えたうえで、格安スマホの本体選びに臨んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です