ワイモバイルの料金を徹底チェック!どのくらいお得なの?

テレビCMでもおなじみの「ワイモバイル」。

学割を訴求するCMでは、桐谷美玲さん、斎藤工さん達がキュートな双子ダンスを披露していますよね。

テレビCMの影響で世間での認知度が非常に高く、利用者も大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に次いで多いワイモバイル。

今回はそんなワイモバイルの料金を徹底的におまとめしました。

ぜひ現在の月額料金と比較してみてくださいね。

ワイモバイルの人気プランの料金をチェック!

そんなワイモバイルにおいては、音声通話とデータ通信(S/M/L)がセットになったお得なプランが大人気。

プラン名 1年目の月額料金 2年目以降
スマホプランS(2GB+音声通話) 1,980円 2,980円
スマホプランM(6GB+音声通話) 2,980円 3,980円
スマホプランL(14GB+音声通話) 4,980円 5,980円

※各プラン、3年目以降はデータ通信量が半分になります。

CMでもおなじみの「ワンキュッパ割」は、こちらの「スマホプランS(2GB/月+音声通話)」を指しています。

2年目からは2,980円になりますが、それでも現在の月額料金と比べるとかなりお安いのではないでしょうか。

大手キャリアの月額料金は、5,000円~8,000円程度(本体代除く)であることがほとんど。

その分通信スピードが早かったり、音声通話オプションが豊富だったり、不具合が起きた時のサポートが手厚かったりと、大手キャリアならではのメリットもたくさんあります。

一方のMVNOが、月額料金を格安に抑えられている理由は大きく2つ。

①実店舗を持たずにネット中心で販売・サポートしているため、諸費用を削減できる
②基地局を持たないため(大手キャリアに借りている)維持費や建設費がかからない

これらは月額料金が安いというメリットに直結しますが、裏を返せばデメリットにも繋がります。

①実店舗を持たずにネット中心で販売・サポートしているため、諸費用を削減できる
→不具合が起きた場合、十分なサポートを受けられない可能性がある

②基地局を持たないため(大手キャリアに借りている)維持費や建設費がかからない
→大手キャリアが持つ通信スピードを実現することが難しく、
 時間帯によっては通信スピードが大きく落ちることも

格安スマホの料金は?気になる相場をチェック!

2017.12.25

ワイモバイルは①全国に約1,000もの店舗を持ち、②ソフトバンクの基地局を利用してサービスを展開しているため、これらのデメリットを恐れることなく利用することが可能なのです。

ワイモバイルのメリット・デメリットについては別記事でも詳しく紹介していますので、ぜひそちらも併せて読んでみてくださいね。

ワイモバイルの評判は?メリット・デメリットを徹底チェック!

2018.01.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です